English 英語

WCTC2024 世界切削工具会議2024 [会期]2024年5月21日(火)~24日(金)[会場]大阪国際会議場(グランキューブ大阪) ツアー

下記のツアーと同伴者プログラムを開催予定です。
ご希望の方は、お申込みボタンより申し込みをお願いします。

ツアーまたは同伴者プログラムの
お申込みはこちらから

申込期限:2024年4月19日

ツアーへのお申込みの前にオンライン参加登録をお済ませください。

このたび「WCTC2024」が開催されるにあたり、参加されます皆様を対象としたツアー受付をJTBグローバルマーケティング&トラベルで取り扱わせていただくこととなりました。
つきましては、下記内容をご参照の上、お早めにお申し込み頂きますようご案内申し上げます。

※注

  • – バス会社は下記のいずれかを利用いたします。
    (中央交通バス、はやぶさ国際観光バス)
  • – 最少催行人員に達しない場合、2024年4月19日までにツアー不催行のご連絡を申し上げます。
    また、いずれかのツアー1つのみ催行する可能性もございます。
  • – テクニカルツアー参加者は、訪問先企業の規定に従って特定の個人情報を提供する必要があります。安全上の理由によりご参加をお断りする場合がございますので、ご了承ください。

ツアー

T22-3  5/22(水)MSTコーポレーション工場見学

旅程

定員:30名
最少催行人員:1名

貸切バスで
会場を出発
13:00

——

株式会社MST
コーポレーション
14:00-16:00

——

ホテル到着
17:00

工場とオフィスを『ライブショールーム』としてその全てが見学できます。
専用バスでご案内します。

  • Photo
  • Photo

T22-2  5/22(水)キリンビール 神戸工場

旅程

定員:25名
最少催行人員:15名

貸切バスで
会場を出発
12:40

——

キリンビール
神戸工場
13:40ー15:15

——

ホテル到着
16:15

専用バスでは英語ガイドがご案内します。

  • 写真
  • 写真

T22-1  5/22(水) 神戸酒心館

旅程

定員:30名
最少催行人員:15名

貸切バスで
会場を出発
13:00

——

神戸酒心館
14:00 - 15:30

——

ホテル到着
16:30

専用バスでは英語ガイドがご案内します。

観光地情報

神戸酒心館

酒造りとは、自然と生命の営みに、人の技術が寄り添うことです。
そして、酒蔵の継承と発展は、日本の歴史、伝統、文化などの理解のためには欠くことができないものであると同時に、将来の文化の向上発展の基礎を成すものです。こうした考えに立つ神戸酒心館には伝承と革新が共存しており、その姿勢は脈々と受け継がれています。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

T23-1  5/23(木)大阪城

旅程

定員:60名
最少催行人員:1名

貸切バスで
会場を出発
12:30

——

大阪城
13:30 - 14:30

——

ホテル到着
15:30

専用バスでは英語ガイドがご案内します。

観光地情報

大阪城

大阪城は戦国時代の大坂本願寺(石山本願寺)を前身とし、織田信長と戦った石山合戦、豊臣秀吉による築城、大坂の陣による落城、徳川幕府による再築、明治維新の動乱による焼失、明治維新後の陸軍管轄、戦後の公園整備と、日本の歴史とつねに深いかかわりを持ちながら現在に至っています。いま見ることができる石垣や堀、大手門・多聞櫓・千貫櫓などといった古建造物はすべて徳川時代以後のもので、一帯は国の特別史跡に、古建造物のほとんどは重要文化財に指定されています。天守閣は、豊臣時代・徳川時代に続く3代目のもので、昭和6年(1931)市民の寄付金によって復興されました。現在まで90年以上の歴史を刻み、国の登録文化財にも指定されています。そして復興以後「大阪城天守閣」という名の歴史博物館として、豊臣秀吉や戦国時代、大阪城の歴史にかかわる豊富な文化財を収蔵し、内部の展示室において随時入れ替えを行ないながら公開しています。

  • Photo

同伴者プログラム

A1  5/22(水)堺市にある堺伝匠館の訪問&茶の湯体験

旅程

定員:60名
最少催行人員:1名

貸切バスで
ホテルを出発
9:00

——

堺伝統工芸館と
茶道体験※
9:40 - 11:20

——

会場到着
12:00

専用バスでは英語ガイドがご案内します。

※2グループに分けて、交代で体験いただきます。2会場間は徒歩移動になります。

観光地情報

利晶の杜

茶の湯体験

本格的なお茶室で初めての方でも楽しむことができます。
茶道三千家の指導のもと、にじり・正座・床の観賞・お菓子やお茶のいただき方などの茶の湯の作法を体験するだけではなく、実際にお客様自身がお茶を点てることもできます。

  • 写真
  • 写真

伝匠館

「日本の代表的な刃物生産地」「金属加工で繋がる堺の歴史」「打刃物」「分業制」「プロの料理人から圧倒的な人気と支持」というテーマで、堺刃物をよく知るための『5つのポイント』をご紹介しています。
鍛冶職人としての経験を積んだ、現在は大阪府堺市のインバウンドコーディネーターのフランス人が刃物の説明をしてくださいます。

  • 写真
  • 写真

A2  5/23(木)食品サンプルづくり&千日前道具屋筋商店街の散策

旅程

定員:60名
最少催行人員:1名

貸切バスで
ホテルを出発
9:00

食品サンプル
作り
9:30

・・・

千日前道具屋
筋商店街を散策
10:30

会場到着
11:30

専用バスでは英語ガイドがご案内します。

観光地情報

道具屋筋

江戸時代に天下の台所とも言われ、現代も食文化くいだおれの街としても有名な大阪ミナミには「飲食店を始めるなら道具筋に行けばすべて揃う!」とも言われることで有名な千日前道具屋筋商店街があります。最近では飲食店の経営者やプロの料理人だけでなく、一般の方や観光客も多く見かけるようになり、観光地としても人気です。

食品サンプル体験

「食品模型」「料理見本」とも呼ばれる食品サンプルは、飲食店の店頭もしくは店内に陳列される料理の模型です。 商品を視覚的に細部まで説明するとともに、食品サンプルの側に商品名や価格を提示することによってメニューの役割を果たし、お客様へどんな料理がどのくらいの量でどんな食材が入っているかを見るだけで伝えることが出来るため、近年訪日外国人向け飲食店や海外でも需要が高まってきています。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

A3  5/24(金)日本文化体験 -1 着付体験、 2 折り紙

プログラムは会議場にて開催されます。

定員:60名
最少催行人員:1名

1 着付体験(9:30-10:30)

カジュアルな着物を着ていただけるコースです。
フォーマルな場以外ではどんな機会にも使える気軽で遊び心のある着物。

  • 写真
  • 写真

2 折り紙(10:30-11:30)

「紙を折る」というシンプルな作業で、動物や花といったいろいろな形に仕上げます。この伝統的な遊びで日本人の独創性を感じてください。

  • 写真
  • 写真

ツアーまたは同伴者プログラムの
お申込みはこちらから

申込期限:2024年4月19日

ツアーへのお申込みの前にオンライン参加登録をお済ませください。

お申し込み方法・旅行契約

お申込みに際しましては、2024年4月19日をお申し込み締切日とさせていただきます。JTBGMTはオンラインの旅行契約によって予約をお受けいたします。

ツアーへのお申込みの前にオンライン参加登録をお済ませください。

変更・取消

予約を変更・取消される場合には、個人ページより手続きを行ってください。
取消の場合は、下記の規定に基づき取消料を申し受けます。

区分 キャンセル料

(イ) 旅行開始日の前日から起算してさかのぼって20日目から8日目に当たる日以降に解除する場合
(ロからホまでに掲げる場合を除く)

旅行代金の20%

(ロ) 旅行開始日の前日から起算してさかのぼって7日目から2日目に当たる日以降に解除する場合
(ハからホまでに掲げる場合を除く)

旅行代金の30%

(ハ) 旅行開始日の前日に解除する場合

旅行代金の40%

(ニ) 旅行開始当日に解除する場合(ホに掲げる場合を除く)

旅行代金の50%

(ホ) 旅行開始後の解除又は無連絡不参加の場合

旅行代金の100%

上記旅行条件は2024年2月9日現在となります。ツアー料金は2024年2月9日時点の料金をもとに算出しております。これ以降いかなる場合も条件・料金の再設定はございません。

【お問合せ先】

株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル
「世界切削工具会議2024」係

  • ※お電話での対応は承れない旨、ご了承くださいませ。メールでのお問い合わせをお願い申し上げます。
    E-mail:wctc2024@gmt.jtb.jp
    営業時間:10:00~16:30(土・日・祝日は休業)
    総合旅行業務取扱管理者:増井 健一郎
  • ※上記営業時間を過ぎたE-mailによる変更・取消のお申し出は、翌営業日受付扱いとなります。
  • ※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様のご旅行を取り扱う営業所での取引に関する責任者です。この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があれば、ご遠慮なく上記の旅行業務取扱管理者にお尋ねください。

PAGE TOP ▲